Loading ...

新人研修を効果的に行うために押さえておきたいことは?


ビジネス実践研修の特徴を把握しよう

人事担当者が新人研修を効果的に行うには、民間企業内で導入が進んでいるビジネス実践研修の特徴について早い時期から把握することが重要となります。たとえば、個々の社員に営業や企画、マーケティングなどの実務に即したスキルを身につけさせるには、ロールプレイングやケーススタディなどの手法を用いて、すぐに現場で使える事柄を学べるようにすることがポイントです。最近では、ビジネス実践研修に適した教材の開発や提供を行っている専門の業者の数も増えています。そこで、新入社員の年齢や職種、能力などを考慮の上、適切な研修方法を採用して継続的にフォローアップを行うと良いでしょう。

新人合宿研修なら社員間のコミュニケーションも図れる

新人合宿研修は、数ある社員研修の方法の中でもコストが掛かる傾向がありますが、研修を通じて社員同士で作業を行うことにより、コミュニケーションを図りやすくなるというメリットがあります。社員数が多い大手企業においては、全ての職種の新入社員を対象に合宿研修を実施しているところもあり、お互いに刺激を受けながら成長できる環境が整っています。新人合宿研修を成功させるには、合宿中にプレゼンテーションやグループワークなど一人ひとりの社員が積極的に参加できるようなテーマを取り入れることが肝心です。また、単に課題を与えるだけではなく、研修期間中に人事担当者や教育担当者が新入社員の悩み相談に乗ったり、研修後の働き方についてアドバイスをしたりすることも有効です。

最近の新人研修は、単に業務を学ぶだけではありません。会社の理念を理解することや、社会的なスキルを身に付けることに重点が置かれているものが多いようです。お寺での修行などもあるそうですよ。